EZ-NET

UPDATES

更新日 内容
2012-01-17 カスタムエラーページを設定する。
Apache では、存在しないページへのアクセスがあった時に、体裁の整ったページを見せられるように、カスタムエラーページを設定できます。
2011-12-16 ExpressionWeb3にWeb4のサイトリストを移動する。
Microsoft Expression Web 4 が起動しなくなったので、急きょ Web 3 にサイトリストを移行して使うことにしました。Expression Web は最初の版からどうにも致命的な不具合が目立ちますね。
2011-12-15 iPhone や iPad の画面レイアウト。
iPhone や iPad アプリの制作中にコントロールのレイアウト調整で迷うことがたびたびあったので、画面サイズについて整理してみました。
2011-12-15 iPhone 回転時にオブジェクトをアニメーションで移動する。
iPhone を回転させたときにコントロールを指定通りに移動できずに困ったことがありましたけど、左上に固定させると調整しやすいのかもしれないですね。
2011-12-14 文字列を \uXXXX 形式の Unicode 列に変換する。
NSString は文字列を 2 バイト Unicode で持っているようなので、JSON などで使う "\uXXXX" 形式のコード列にも簡単に変換できそうですね。
2011-12-14 UTF8データ列を\uXXXX形式のUnicodeに変換する。
Objective-C で NSData に格納した UTF8 バイト列を \uXXXX 形式の Unicode 文字コード列に変換してみました。
2011-12-13 UITextView がキーボードに隠れないようにする。
大きめの UITextView を配置したら、編集時にそれがキーボードに隠れてしまったので、隠れた分だけサイズを切り詰めるようにしてみました。
2011-12-13 ソフトウェアキーボードの位置や大きさを取得する。
iPhone キーボードの表示位置はホームボタンが下の縦方向時の座標系で取得できる様子だったので、回転を加味して座標系を変換してみました。
2011-12-12 NSString の文字列を URL エンコードする。
Objective-C でも NSString 型の文字列を、任意のコード体系で簡単に URL エンコードできるようになっているんですね。
2011-12-11 デバイス回転時の通知やメソッドの実行の流れ。
デバイス回転時の処理の流れを知っておくと、安心して適切なプログラムが組めますね。iPad+iOS5での分割キーボード使用時の挙動の変化にも注目です。
2011-12-07 Windows 8 を Windows ドメインに参加させる。
Windows ドメインに Windows 8 Developer Preview を参加させてみました。やり方としてはこれまでと同じ感じですね。
2011-12-03 放射線測定器 MKS-05 を Bluetooth で接続する。
ガイガーカウンター MKS-05 を Bluetooth でパソコンと繋いでみましたけど、これはどちらかというと計測作業後にデータを整理するために使う機能みたいですね。
2011-12-02 Windows 7 の XP モードを強制的に OFF にする。
ハングアップしてしまった Windows 7 の XP Mode の電源状態を強制的にオフにすることができました。
2011-12-01 CentOS 6.0 に SSH 関連ツールをインストールする。
CentOS 6.0 では scp や ssh などのコマンドを手動でインストールする必要があるみたいですね。
2011-12-01 CentOS 6.0 に audit2allow をインストール
CentOS 6.0 からは SELinux のルールをログから作成する "audit2allow" が標準ではインストールされなくなった感じですね。
2011-11-30 yum でインストールしたパッケージの削除に失敗する。
yum でパッケージをアップデートしようとしたところ、古いパッケージが削除できなくなっていることが判明しました。そこで、それを無理やり削除する方法について調べてみました。
2011-11-30 ファイアーウォール配下の L2TP に Linux で接続する。
ファイアーウォールで保護された L2TP-VPN サーバーへ Linux で接続したい場合には、設定ファイルに接続先のアドレスを明示する必要があるみたいですね。
2011-11-29 CentOS 6.0 で L2TP-VPN に接続する。
CentOS 6.0 で構築した L2TP-VPN サーバーへ Linux からも接続することができました。Linux を L2TP クライアントにする話って、何故かあまり見つかってこないんですよね。
2011-11-28 L2TP-VPN に Windows 7 で接続する。
CentOS 6.0 で構築した L2TP-VPN サーバーへ Windows 7 から接続してみました。
2011-11-28 L2TP-VPN で使用するポートを開放する。
ローカルネットワークに設置した L2TP-VPN サーバーにインターネット側から接続できるように、パケットフィルターや静的 NAT を調整してみました。
2011-11-27 iOS で L2TP-VPN への再接続に失敗する。
iPhone から L2TP-VPN が再接続できない理由が判りました。これでようやく VPN 環境の構築も理想の形に近づいてきました。
2011-11-27 CentOS 6.0 で L2TP-VPN サーバーを構築する。
CentOS 5.5 で失敗していた L2TP-VPN のインストールが CentOS 6.0 環境で上手く行きました。行き届かないところはまた調整して行くとして、とりあえずセットアップ方法だけ記しておきました。
2011-11-25 CentOS 6.0 に EPEL リポジトリを追加する。
CentOS 6.0 で EPEL リポジトリを追加してみました。これまで同様、特に難しいところはない感じですね。
2011-11-24 ファイアーウォール内側の iSCSI ターゲットへ接続できない。
ファイアーウォールの内側に設置した iSCSI ターゲットサーバーに、静的 NAT では接続できないことが分かったため、それについてとりあえず追記しておきました。
2011-11-23 udev で SCSI デバイス名を固定する。
SCSI ID の間を飛ばしたときなどにデバイス名が詰められてしまうのを避けたくて、udev を使ってデバイス名を固定してみることにしました。
2011-11-22 iptables-restore でオーバーフローが発生する。
CentOS 6.0 等の iptables-restore を使ったファイアーウォール設定を行っていたときに、設定内容を反映させようとしたときにバッファーオーバーフローが発生してしまうことがありました。
2011-11-21 ファイル毎に ARC の有効・無効を設定する。
ARC の有効・無効をファイル単位で設定することもできるんですね。これはなかなかいい感じです。
2011-11-17 ARC におけるクラス解放時のインスタンス変数の扱われ方。
ARC ではオブジェクトが解放されるときに、それが持つインスタンス変数もちゃんと nil に初期化してくれるんですね。
2011-11-17 Windows 8 起動時に自動的にログオンする。
Windows 8 Developer Preview でもこれまでと同じように自動ログインの設定ができました。
2011-11-16 Windows 8 で ISO や VHD をマウントする。
Windows 8 では ISO ファイルや仮想ハードディスク(VHD)を標準で簡単にマウントできるんですね。ちょっと中身を見たいときとか便利です。