EZ-NET

UPDATES

更新日 内容
2010-11-18 Apache のドキュメントページが表示されないようにする。
CentOS 5.5 で Apache をインストールした直後には /manual から Apache のドキュメントページが表示されるようでしたので、それを表示させないように設定してみました。
2010-11-16 Linux の IP アドレスを自動的に割り当てる。
CentOS 5.5 で、IP アドレスを DHCP サーバーから自動的に取得して割り当てる方法です。
2010-11-16 Linux に IP アドレスを固定で割り当てる。
CentOS 5.5 で、ネットワークインターフェイスに IP アドレスを固定で割り当てる方法です。
2010-11-13 MediaCenter でスリープ後に録画の再生ができなくなる。
あるとき Windows 7 (x64) の Media Center で録画してあったテレビを再生しようとしてみたところ、アプリケーション自体の動作が重すぎてまともに再生できない状況が発生しました。それを解消する方法について調べてみたときのお話です。
2010-11-13 Windows でハードディスクの内容を完全に消去する。
ハードディスクの廃棄の際には、そこに記録されていたデータが流出してしまわないように気を配る必要があると思います。Windows でも標準でハードディスクの内容を削除する機能が備わっていたので、それを使ってデータの削除を行ってみることにしました。
2010-11-12 仮想サーバー ServersMan@VPS を使ってみる。
緊急にサーバーを建てる必要に迫られて DTI が提供する仮想サーバーサービス ServersMan@VPS を試しに利用してみることにしました。
2010-11-08 Linux で発信帯域を制限する。
Linux では tc を利用して、発信帯域制限を施すことが可能なようです。他にも、通信遅延やパケットのロストなど、さまざまな通信帯域を作り出すことができるようなのですけど、まずは発信帯域制限だけに着目して、設定方法を調べてみたいと思います。
2010-10-31 CentreCOM 8624EL で通信帯域を制限する。
CentreCOM 8624EL ではポートごとに通信帯域を制限することが出来るようになっていたので、その設定方法について調べてみました。
2010-10-31 Sendmail でメールエイリアスを登録する。
CentOS 5.5 の Sendmail で、エイリアスを登録する方法についてのお話です。
2010-10-31 Sendmail でダブルバウンスメールを破棄するようにする。
CentOS 5.5 の Sendmail で、送信先と送信元の両方が不達となった場合に配信されるダブルバウンスメールを破棄するように設定してみることにしました。
2010-10-29 POP3 及び IMAP でのメール受信を可能にする。
CentOS 5.5 で、ローカル配信されたメールを POP3 や IMAP で受信できるようにするために dovecot をインストールしてみたいと思います。
2010-10-29 Submission ポートでのメール送信を可能にする。
CentOS 5.5 では、メールサーバーとして Sendmail が採用されています。近頃は OP25B の普及によって Submission ポートでのメール送信が標準的になっていますので、今回はその設定を行ってみたいと思います。
2010-10-28 Sendmail で仮想ドメインを設定する。
CentOS 5.5 では、メールサーバーとして Sendmail が採用されています。この Sendmail へ、仮想ドメインを設定してみることにしました。
2010-10-28 Sendmail で外部からのメールを受け入れ可能にする。
CentOS 5.5 では、メールサーバーとして Sendmail が採用されています。既定ではローカルホストからの配信しかできなくなっていますので、これを外部からメールを受け入れられるように調整してみることにしました。
2010-10-28 Sendmail で Maildir 形式を使用する。
CentOS 5.5 では、メールサーバーとして Sendmail が採用されています。この Sendmail からのローカル配送で Maildir 形式を利用するようにしてみました。
2010-10-28 Postfix で外部宛のメールを別の SMTP にリレーする。
Postfix で、自分宛ではないメールを別の SMTP サーバーへリレーする方法について調べてみました。
2010-10-28 sendmail でメールのリレーを可能にする。
sendmail では、特定の SMTP サーバーからのメールをリレーするためには、その許可設定を行う必要があります。
2010-10-27 qmail 1.03 の IPv6 への対応断念。
最近よく耳にするようになってきた IPv6 に qmail も対応させてみようと思ったのですけど、パッチを充てるとコンパイルに失敗してしまうため、今回は断念せざるを得ませんでした。今回はその断念に至るまでのお話です。
2010-10-26 ホームページビルダー 14 で FTPS サーバーへアップする。
FTPS によるファイル転送が必要なサーバーへ、ホームページ・ビルダー 14 からアップロードするための環境を整えてみることにしました。
2010-10-25 vsftpd で FTPS 環境を構築する。
CentOS 5.5 上の vsftpd を利用して、ファイル転送の通信内容を暗号化した FTPS 環境を構築してみます。
2010-10-25 vsftpd へ接続できるユーザーを制限する。
CentOS 5.4 上の vsftpd へ接続できるユーザーアカウントを制限する方法についてのお話です。
2010-10-24 vsftpd で、パッシブモードでの使用ポートを限定する。
CentOS 5.4 上の vsftpd で、PASV モードでのデータ転送に使用する通信ポートの範囲を限定する方法についてのお話です。
2010-10-24 vsftpd で待ち受けポートを変更する。
CentOS 5.4 上の vsftpd で、待ち受けポート番号を標準の 21/TCP から変更する方法について記してみることにしました。
2010-10-23 Nagios アップデート後に Nagios が起動しなくなる。
サーバー監視ツール Nagios を 3.2.2-1 に yum でアップデートしたところ、Nagios の起動に失敗してしまうようになりました。今回はその原因の特定と対処について記してみようと思います。
2010-10-23 Linux で古いバックアップファイルを定期的に削除する。
Linux で cron や scp を利用して、定期的に取得されたバックアップファイルを退避する方法について検討してみました。
2010-10-18 VI で 2 つの行を連結する。
Linux のコンソールでも手軽に使えるテキストエディター vi で、改行文字を削除して 2 つの行を連結する方法について調べてみました。
2010-10-18 vsftpd でシンボリックリンクを辿れるようにする。
通常 vsftpd では、ディレクトリー内にシンボリックリンクを配置して、任意のディレクトリーを辿ることができるようになっています。ただ、chroot が有効になっていた場合は、当然とも言えますが、それがうまく機能しないことがあるようでした。
2010-10-12 Expression Web 4 にサイトリストを取り込む。
Microsoft Expression Web 4 をインストールしてみたのですけど、どうやら Expression Web 3 の設定を引き継いではくれない感じでした。そこで、サイトリストを手動で引き継ぐ方法について調べてみました。
2010-10-12 Expression Web 4 に 3 の色設定を引き継ぐ。
Microsoft Expression Web 4 をインストールしてみたのですけど、どうやら Expression Web 3 の設定を引き継いではくれない感じでした。そこでとりあえず、ソースコードビューの表示色を手動で引き継ぐ方法について調べてみました。
2010-10-04 CentreCOM 8624EL で SSH を有効化する。
CentreCOM 8624EL では SSH による管理ができるようになっていたので、それを有効化して SSH で接続できるようにしてみることにしました。